年賀状のご返信用に、季節のご挨拶に、オリジナルデザインの寒中見舞いハガキ、写真入りも。

HOME >>寒中見舞いはがき

寒中・余寒見舞いの意味、送り方などについて

寒中見舞いとは寒の入り(小寒)から立春(2月4日頃)までの

厳冬期に送る季節の挨拶状です

寒さ厳しい折り相手を気遣い、近況を報告する便り

立春を過ぎてもまだ寒さは続きますので

立春過ぎて出す場合には「余寒見舞い」としてお送りいたしましょう

寒中見舞いの発送時期

寒中見舞いの内容(例)

寒中見舞いの形式

寒中見舞い文例


寒中見舞いの発送時期

1月7日までは松の内として年賀状のやりとりが一般的ですが (松の内としては1月15日までのところも)

季節のご挨拶状としては特に決まりごとはありません。

こよみ上の季節の呼び習わしとしては立春までを寒中としますので、

寒中見舞いとしては2月3日まで届くようにお出しするとよろしいでしょう。

立春(2/4)以降は季節のご挨拶として寒さの続くまで「余寒見舞い」としてお送りできます。

「Winter greetings」であれば細かな時期は問いません。

寒中見舞いの内容

厳冬期の季節のご挨拶として、相手の健康を気遣った内容で。

喪中で年賀状が出せなかった場合の年始の挨拶に変えて

喪中と知らず年賀状を出してしまった場合のお詫び。

こちらの喪中を知らずに年賀状を送って頂いた方に、報告とお詫びを兼ねて

寒中見舞いの形式

始めに季節の挨拶〜「寒中お見舞い申し上げます」「余寒お見舞い申し上げます」など

次に先様を気遣う言葉〜「寒さ厳しき折柄、くれぐれもお体を大切にお過ごしください」「厳寒のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。」など

最後に自身の近況など〜「おかげさまで皆元気で過ごしております」

特に決まった言葉などはありませんので自身の言葉で考えてみてもよろしいかと思います。

プリントワークスでは例文をご用意しておりますが、自由文章も無料で入れられますので
ご希望があれば自由記載欄を使っていただきお送り下さい。


三角やじるし 挨拶文例はこちら

寒中見舞い料金表はこちらから

  寒中見舞い料金表

お支払いはクレジット、代金引換、銀行振込、コンビニ払いから選べます

※銀行振込の場合、おそれいりますが振込手数料はお客様のご負担をお願いします。

※私製はがきは62円切手を貼ってお出し下さい。

「郵政はがき」ご希望の場合は62円/1枚のはがき代金が別途必要です

仕切りビーズ


(有)プリントワークス 〒060-0052 北海道札幌市中央区南2条東1丁目1-11 第3泊ビル7F
営業時間:9:00〜18:00 休業日:土、日、祝日
TEL:011-272-1321 FAX:011-272-1575  sapporo@printworks.co.jp

本ホームページに掲載されているすべての内容の無許可転載・転用を禁止します。 
Copyright(c)2003-2017printworks All rights Reserved.

年賀状


お申し込みに関して

お申し込み手順

選べる印刷方式

印刷用紙に関して

旧字、外字の対応に関して

写真の調整に関して

お支払い、発送に関して

料金表